本文へスキップ

お電話でのお問い合わせはTEL.0942-52-8888

〒833-0055 福岡県筑後市熊野1474-1

病院案内clinic guide

院長ごあいさつ

院長写真

 
 昭和58年の病院開設以来、34年間、犬猫を中心に診療を行っています。 この間の診断技術の向上にはエコーや内視鏡、更にはCT・MRIの普及など、
目を見張るものがあります。しかしながら今も昔も的確な稟告、病状の把握は、非常に重要な事には変わりありません。
 近年、人と同様に動物たちも高齢化が進んでいます。
高齢化の最大の要因は、大切に飼育する人たちが増えていること、獣医療の高度化によるものが大きいと思われます。しかしながら高齢化が進むことで高齢動物特有の疾病が増えてきたことも事実です。
 当院は家族同様の動物たちが幸せな一生を過ごせるよう、今後も頼れる
ホームドクターとして医療の面で手助けする事ができるように診断技術の研鑽に努めていきます。と同時に、わかりやすい説明を心がけ、 飼い主の方が安心
して受診できる病院を目指していきます。

 
 また、2017年まで福岡県獣医師会の小動物部会長を務め、現在は理事として、犬猫たちの殺処分の数をできる
だけ減らす目的の過剰繁殖対策事業や、災害時の動物救護対策などの公的な事業にも積極的に参加しています。

                             わだ動物病院    院長 和田 敏憲



診療時間、対象と科目




診療時間
診療時間
09:00〜13:00
16:00〜19:00 -
土曜日の午後の診察は18時までです。
水曜午後・日曜・祝祭日は休診いたします。


診療対象動物 犬・猫・エキゾチック

診療科目 内科・軟部組織外科・整形外科・腫瘍科・皮膚科など



手術について

手術は、緊急の手術や大きな手術を除いて、月曜日から土曜日の14時から16時に行っています。クリニック外観   
緊急なものを除いて全て予約制になっております。
 全身麻酔の必要な手術にはある程度の危険があることは否定できません。
安全な手術をするために、手術をうける動物たちの状態を、知ることは大変
重要なことです。当院では可能な限り術前検査を行ないます。
 また、手術内容については事前に、方法・費用・入院期間、などについてお話するようにしています。 
ご心配な点などありましたら、お気軽にご相談下さい。



検査項目
問診(現在の体調、過去の手術や麻酔の経験の有無をお聞きします)
身体検査(体温・聴診・触診)
一般血液検査・生化学検査(肝臓・腎臓機能等)及び血液凝固検査
必要に応じて、レントゲン検査・超音波検査・心電図検査 など

手術実績

〈2012~2015年度 手術症例〉

全身麻酔科処置数:2016年:323例
         2015年:268例
         2014年:325例
         2013年:332例

軟部外科
・去勢手術 ・避妊手術 ・帝王切開 ・子宮蓄膿症 ・会陰ヘルニア整復術
・鼠径ヘルニア整復術 ・臍ヘルニア整復術・膀胱結石摘出術 ・尿道結石摘出術
・会陰尿道瘻形成術 ・直腸腫瘍粘膜引き抜き術 ・直腸全層引き抜き術
・胆嚢摘出術(粘液嚢腫) ・フィラリア成虫摘出術・唾液腺瘤摘出術
・膿瘍切開 ・外傷縫合 ・バイオプシー
腫瘍外科
・消化器型リンパ腫,腺癌(小腸端々吻合) ・肥満細胞腫切除術 ・線維肉腫切除術
・乳腺腫瘍(片側乳腺全摘、リンパ節切除)・肛門周囲腺腫切除術
・マイボーム腺腫切除術 ・皮膚良性腫瘍摘出術 ・膵臓腫瘍摘出術(インスリノーマ)
・脾臓血管肉腫摘出術・腹部FNB(ニードルバイオプシー)・片側下顎骨切除術(メラノーマ)
眼科
・眼球摘出術 ・瞬膜弁被覆術 ・硝子体内薬液注入(緑内障)
神経外科
・胸腰部片側椎弓切除術(椎間板ヘルニア)
整形外科
・橈、尺骨骨折整復手術 ・大腿骨骨折整復手術 ・脛、腓骨骨折整復手術
・骨盤(腸骨)骨折整復手術 ・股関節脱臼関節包形成術 ・膝蓋骨内方脱臼整復術
・仙腸関節離断整復術 ・アキレス腱断裂整復術 ・骨折ギブス固定
・前十字靭帯断裂整復術(関節外法) ・大腿骨頭切除術
・骨盤拡張プレート設置術(交通事故後の骨盤狭窄による)
・上腕骨遠位端外側顆骨折整復手術
その他
・MRI検査時麻酔 ・声帯切除術 ・骨髄穿刺
・胸腔ドレーン設置 ・被毛もつれのバリカン刈り

わだ動物病院わだ動物病院

〒833-0055
福岡県筑後市熊野1474-1
TEL 0942-52-8888
 
診療時間
午前/09:00〜13:00
午後/16:00〜19:00
※土曜日は18:00までの診療
休診日/水曜午後、日曜、祝祭日